大勝負にはどんな思考が役に立つのか。

先日、「ORIGINALS」という本を読みました!

その中で「大勝負にはどんな思考が役に立つのか」という項目が、
サッカーをする上でも参考になりそうだなと思ったので、今回はその内容をまとめていきたいと思います!

目次

大勝負にはどんな思考が役に立つのか

何かに挑戦するときには様々な感情を抱くと思いますが、
特に大勝負となれば不安な気持ちを抱く人が多いと思います。

ではそんな不安や困難に対応するためにはどうすればいいのでしょうか?

心理学者のジュリー・ノレムさんは、このような困難な状況に対応するための二つの戦略の研究をしているそうです。

1.「戦略的楽観主義」… 最高の結果を予測し、冷静に保ち、目方を高く設定すること 

2.「防衛的悲観主義」…最悪の結果を想定し、不安を感じながら起こりうるあらゆる悪い事態を予測しておくこと

ほとんどの人は防衛的悲観主義よりも、戦略的楽観主義の方が良いのでは?と思うかもしれません。
#僕もそう思っていました

しかし、ノレムさんによると、

防衛的悲観主義は不安が強く分析的な課題などの自信が低いが、
パフォーマンスといった面では戦略的楽観主義者と同じである

とのことです。


というのも、被験者にダーツを投げてもらう実験を実施し、

そのダーツを投げる前に大成功する様子を思い描いてもらう被験者と、
失敗する様子を思い描いてもらう被験者と、
リラックスしてもらう被験者を無作為に割り当てたところ、 

その結果として、防衛的悲観主義者のグループは悪い結果を思い描いていたときの方が、
良い結果をイメージした時やリラックスした時よりもダーツの命中度が30%高かった
そうです。

これは面白い話ですよね!!

ではなぜ悲観的であるのに、高いパフォーマンスを発揮できるのでしょうか??

ノレムさんによれば、

自己不信に襲われると防衛的悲観主義者は、
わざと大惨事を想定して不安を増幅させ、その不安をモチベーションに変えるのだ。
最悪のケースを考慮するとそれを回避せねばという気持ちに突き動かされて、
細部までありとあらゆることに気を回す。

こうすることで事態をコントロールできていると感じられるのだ。

とのことです。

これはものすごく
心当たりがある内容でした。笑

それこそサッカーをやっていてよく感じることが、
「なんとかなるさ!」というような根拠のない自信を持った楽観的主義者の人だと準備を怠りやすくなる印象があります。

テスト前に全然勉強をしていないのに、なぜか急に開き直って
「まぁ何とかなるっしょ!」と言って、しっかり赤点を取るみたいな感じです。笑

しかし、普段から不安を抱えている選手は少しでもネガティブな気持ちを減らすために、
練習にしっかり励んだり、コンディションを整えるといった細部にしっかりこだわる
印象があります。

僕自身は昔から周りの人にポジティブな人間という印象を持たれていたのですが、
(確かにポジティブではありますが、)実はそこそこの不安症でもあり
「これで大丈夫かな?」というような不安な気持ちを抱えながら生きてきた一面があります。笑 

ただ、だからこそ人よりも考えて、人よりも行動を起こすことができたのかもしれません。

また、

防衛的悲観主義者の不安は本番前に最高潮に達するため、
いざという時には成功への準備が万全に整っている。

彼らの自信は最悪の思い込みや無知からくるものではなく、
現実的な判断と徹底した計画から生じるのだ。

という文がめちゃくちゃ面白いなと思いました。

これはつまり一度最悪の事態を思い浮かべておくことで、
ある意味で本番が来る前に不安が最高潮に達しているから、
いざ本番になるとほぼ全ての出来事の対処が終わっていてコントロール感(安心感)を得られる

ということだと思います。

確かに常に最悪の事態を想定しておけば、いざそうなってしまった時には
すでに頭の中でその事態を体験・対処してるので、無駄に動揺することがなくなりそう
ですよね。

それこそサッカーというスポーツはミスが多々起こりますが、
やはり大きなミスをすればするほど気持ちがネガティブな方向に向いてしまうものです。

だからこそ試合前から「自分が失点に絡む」「ありえないシュートミスをする」
というような最悪の状況やその後の対応などをめちゃくちゃ鮮明に描くようにしていたら、
仮に本当にそうなってしまったとしても、すぐに気持ちを切り替えてプレーすることができるかもしれません!

ということで、これまで試合前には自分の成功するプレーしか頭の中でイメージしてこなかったのですが、
あえて最悪の状況をできるだけ多く鮮明にイメージして取りくむことを実際にやってみました!!

その結果として、気づいたことや学びとしては、、、

続きはこちらから?

この続きをみるには


オフィシャルメンバーシップ

下澤悠太の“奮闘記”

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

是非シェアをお願いします
  • URLをコピーしました!
目次